採蜜手順(巣房を残す・縦型巣箱・M師方式)

ホームに戻る   蜂飼い日記へ  採蜜手順(巣房全摘)へ

DSC_1332.JPG

作業台を整える

DSC_1334.JPG

道具も捜さなくても済むように準備

DSC_1337.JPG

採蜜する箱の天板のネジをゆるめる

DSC_1339.JPG

傾斜のある梯子などに逆さに固定

風を送りながらの作業なるので扇風機も必要

DSC_1340.JPG

蜂を移動させる箱をあわせる

新箱の上部は工夫してある

DSC_1341.JPG

新箱の底と、旧箱の底をすきまのないように

急ぐときはガムテープも便利

DSC_1342.JPG

一人での作業なので、慌てることのないように

DSC_1348.JPG

上下の箱を固定する

DSC_1350.JPG

底板部分が開いている

DSC_1351.JPG

底板接合部も板や発砲スチロールなどで塞いで、テープする

DSC_1353.JPG

採蜜する箱の天板の木ねじをはずす

DSC_1355.JPG

隙間をつくり風を送る

DSC_1356.JPG

風を送りながらの作業1

DSC_1357.JPG

風を送りながらの作業2

DSC_1358.JPG

天板がはずれ、蜜切りに入る

DSC_1360.JPG

蜜がびっしり

DSC_1361.JPG

今回は巣房を残すので、スムシがいないか慎重にみる

DSC_1364.JPG

蜜層を切り取ったあとの巣

DSC_1365.JPG

巣房を取り出た順に並べておく

DSC_1367.JPG

スムシの不在を確認して巣房を竹串などで固定する

DSC_1369.JPG

巣房と巣房の間には竹を輪切りにしたものを挟む

DSC_1375.JPG

新しい箱の上部に巣房を固定

蜂はまだ箱の中程にいる

DSC_1376.JPG

巣房の上部を箱にあわせて切り取る

DSC_1378.JPG

このように固定したら、巣房部分を板で塞ぎ、ストッパーをとり、蜂を巣房部分に叩き上げる